孫子曰く・・・・将とは、智、信、仁、勇、厳なり。組織をつかさどる物。それは『人』であり、『組織』そのもの自体が『人の集合体』である。私達が今後目指す先は、更なる『組織力』の強化。そこは『人』が柱になります。互いに『リスペクト』しあうという精神を忘れず、プロセスを共有しあえるようなよりフラットでクリアな組織文化を創造する。この企業方針が、私達を『感動創造商社』へと導く柱だと信じている。

Empowermentスタイルの現場構築で、『人』『組織』すなわち、『会社』の可能性を最大限まで引き上げ、マネジメント軸にこだわりや感動といった『人』ならではの感情や思いをサービスを通じて世界に届けたい。ですから、私達の『感動創造』はOnly Oneであり続けます。こうした私達が掲げるコンセプトは、各個人のアイデアやセンスを共に考え共に生かし、共に形として表現し、プロセスを共有する。こういった私達の『手仕事』がきっと、必ず、『人』に対して『感動』を届ける事ができると私達は信じています。

“WE CAN MAKE A DEEP IMPRESSION TO THE WORLD” “我々が創りだす感動を世界へ”